有機栽培米とは

農薬や化学肥料を 使用せず 、田んぼの持っている本来の生産力を引き出す 栽培方法です。
そのため、地域環境への負担をできる限り軽減した栽培方法により生産農家が工夫と手間をかけて土づくりを行います。

1)たい肥等で土作りを行い、種まきや植え付けの時点からさかのぼり2年以上、農薬や化学肥料を使用していないで栽培する(栽培期間中も同様)
2)遺伝子組み換え技術を使用しない
3)生産から出荷までの生産工程管理や有機JASマーク貼付(格付)など記録を作成(個別の田んぼまで履歴をさかのぼれます)

有機JASマーク


有機JASマークは、太陽と雲と植物をイメージしたマークです。
農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物や畜産物のほか、これらを原料とした加工食品にも付けられています。

※「有機JAS」マークがない農産物に「有機○○」、「オーガニック△△」などの表示は法律で禁止されています。
※「無農薬米」・「減農薬米」・「無化学肥料米」・「減化学肥料米」などの表示は禁止され特別栽培農産物に統一されました。

オーガニック(Organic)とは


英訳しますと「有機栽培」を意味し世界各国でいわれているオーガニック(Organic)とは3年以上、石油化学合成肥料を使わず無農薬の農産物を示します。オーガニック(Organic)は世界共通語です。
農産物については3年間の転換期間明け後の農産物で化学肥料・殺虫剤・農薬等未使用のものです。

生産者の苦労とこだわり


農薬を使わないと「雑草の大量発生」や「害虫の被害」などを受け収穫量が減ったり、おいしいお米を作ることができません。農薬や化学肥料を使わないで防ぐには「田んぼの生き物」の手助けが必要となります。いろいろな生き物が元気に暮らせる田んぼにするためには「時間と工夫」が必要なのです。

生産者が厳格な生産基準に基づいて生産されたお米なので、保管、精米、袋詰めの段階で他のお米と
混合されないよう施設の整備、台帳管理、有機JASマーク貼付(格付)などを確立し認定されなければ
販売することができないのです。

認定番号:
認定種類:有機農産物(米)
登録認定機関:民間稲作研究所認証センター
認定継続判定日:2011年○月○日

応援してください


有機栽培米は、通常のお米(慣行栽培米)に比べ、生産力が低く、多労を強いているため、生産者が少な状態です。そのため生産量も不足がちなのでお値段も少し高くなっているのが現状です。

「田んぼから自然再生」させるため、一人でも多くの方にご理解をいただければ生産者も増え、さらに有機栽培から「環境問題」に取組めることと思います。

環境の負荷をできる限り低減した栽培方法(自然循環機能)の有機栽培米、ぜひ一度お試しいただき、応援をお願いいたします。